OJTに偏りがちだった研修体系を「ClipLine」で見直し

株式会社アイ・エス・シー 代表取締役 山本 直美様

株式会社アイ・エス・シー

事業内容:
保育所運営・幼児教育
店舗数:
非公表
課題
研修体系が偏り現場職員に負担がかかる
効果
従来と違う研修の実現による負担減

株式会社アイ・エス・シー(以下:ISC)は保育所運営を通し、子どもたちの心の育成と、それに関わる全ての人の成長を実現させることを目指しています。この度、その保育の現場職員の教育を目的とし「ClipLine」を導入しました。

「ClipLine」をインフラとして活用したい

■代表取締役 山本 直美様

Q:ISCが抱えていた課題は何でしたか

ISCでは「現場職員の研修体系を強化していく」という方針を持っているのですが、強化目的で行う座学に限界を感じていました。子どもへのかかわり方、言葉のかけ方、保育技術については、知識を身に付けるより目で見たほうが習得が早いので現場でのOJTに偏りがちなのが現状です。更に体系だった知識を身に付けるためには座学も必要と考えており、その時間を取りたいのですが、集合研修の時間を捻出しようにも、保育の現場では時間を合わせることも難しく現場職員に負担がかかってしまう問題がありました。何か従来と違う形式での研修ができないかと方法を検討していたのが背景です。

Q:「ClipLine」に期待すること

まずは、QM(Quality Management)グループの研修提供インフラとしての活用を考えています。現場職員にとって「より早く、より楽しく、より分かりやすく」学べる環境を提供できることを期待しています。またその先で、「ClipLine」の双方向コミュニケーションができるという特徴を活かして、保育業界ではなかなか難しい、本部と現場職員がつながるインフラとして機能させることも検討しています。それが実現できれば、課題だったインナーマーケティングが強化できると期待しています。

Q:ISCがQM部門をもっている背景、意義を教えて下さい

QMグループは名前の通り「質のマネジメント」をする組織であり、保育の質の向上すべてに責任を持っています。園が増えてくると、どれだけ理念に共感して集まった集団でも、やはり園ごとに保育の在り方にバラつきがでてきます。また、そもそも理念だけでは保育の各論において統一を図るのは難しい為、研修やガイドラインの開発・浸透を図る主体となる組織を持つ必要がありこの部門を設立しています。

Q:ClipLineの具体的な活用用途

研修のインフラを整備し、クリップへの置き換えを始めます。
1.必ずしも集合しなくても同じ効果が期待できる研修の講義パート
2.各種マニュアルや、保育の在り方を定めた保育ガイドライン
といった、自己学習が可能なものから対応します。
その先の構想として、双方向性を活かした「研修の習熟度をチェックするテスト機能」「本部からのアンケート機能」「現場同士で情報交換できる機能」「学んだことについての相談対応機能」などの用途を考えています。

Q:ISCの目指すサービス、理想のマネジメントをお聞かせください

ISCには「その子らしさを育む」「そのために圧倒的に肯定的な言葉かけ、動機付け・意識付けを重視した子どもへのかかわりを行う」といった明確な保育理念・保護者に伝えていきたい子育ての理念があり、それを「保育ガイドライン」としてまとめています。
まずはそれを実践でき、自律自走的に進化していける現場づくりに引き続き最注力していきます。
また将来的には、弊社の人材にとどまらず、保育業界全体の人材の質の向上に貢献したいと考えています。


keyboard_arrow_upTOP

導入をご検討の方はこちら

料金・サービス

提供しておりますサービスの詳細・料金をご確認いただけます

料金・サービス

資料請求

詳細資料や事例動画を掲載している特別サイトをご案内しております

資料請求