現場と本部の距離が
もっと近くなる

あなたの組織、
こんな問題はありませんか?

  • 本部からの重点施策
    実行されない

  • 店長の業務負荷が
    大きい

  • 人手不足でスタッフが
    足りない

  • 店舗毎に
    売上のバラつきが大きい

  • スタッフのモチベーション
    が低くて離職率が高い

  • シニアや外国人を
    即戦力にできない

  • マニュアルや教育が
    行き届かず
    顧客体験を高められない

  • SVや店長などの
    ミドルマネージャーが
    足りない

  • 集合研修などの
    教育コストが高い

背景にある構造的な問題

サービス業における
構造的な問題
01

本部の意図が現場に伝わらず

「伝言ゲーム化」

サービス業における
構造的な問題
02

ミドル層に情報が集まり

ボトルネックとなる

本部のあらゆる部署の情報が店長に集約され、それをメンバーに伝えて徹底するのは非常に大変。

サービス業における
構造的な問題
03

顧客と接するスタッフに

教育やケアがかない

教育やケアが行き届かない結果、顧客体験の品質低下の他、従業員満足度が下がり離職率増加につながる。

ClipLineが問題を解決します

ClipLineはサービス業の多店鋪ビジネスにおける
オペレーションや情報・ノウハウを
短尺動画(クリップ)に変換し、
組織内に流通・循環させることができます

弊社クライアント実績

  • 売上昨年対比
    15%増加

  • 顧客満足度昨対
    連続更新

  • 1年後離職率34%改善

  • 年間採用費を1/3に

  • SV1人当たりの
    管轄店舗が2倍

  • 新人教育時間・
    工数を1/4に

サービス業の様々な業界・
大手企業から急成長企業までの

豊富な導入実績!

外食

小売

介護・保育

生活サービス

清掃・メンテナンス

よくある質問

  • eラーニングやマニュアル作成ツールとの違いはなんですか?

    ClipLineは「動画による実行マネジメント」、「本部と現場をもっと近づける」、「デジタルSECIモデル(映像音声クリップを利用した自律学習システムとして特許取得済み)」をプロダクト・サービスコンセプトとしております。機能面でも様々な違いがありますが、導入後の定着率やツールを活用した業績向上の支援・設計を背景にした「投資対効果の高さ」が当社の特徴です。
    詳細はお問い合わせください。
    問い合わせ
  • 動画などコンテンツの容量などに上限はありますか?

    いえ、容量に上限はございません。また、容量に応じて価格が変化することもございません。
  • 導入した後に運用にならず、ほこりをかぶってしまいませんか?

    当社は導入後のお客さまへのご支援を一番重要だと考えており、全てのお客様に導入ご支援をさせて頂いております。営業担当よりカスタマーサクセス担当の人数が多いことが特徴です。
    また、導入窓口である本部のみならず、各店舗への活用支援や、経営層へのアプローチなど事業やプロジェクトの成功を様々な形でご支援します。
  • セキュリティについてはどのようなことをしていますか?

    信頼性の高いデータセンターを利用し、災害時のリスクを低減しております。
    WAFによる不正アクセスのブロックや第三社機関による虚弱性診断も定期的に実施しております。

    また、IP制限や端末認証によるアクセス制御などお客様にセキュリティ基準を満たす運用が可能です。
    詳細はこちらまで
    ClipLineの機能
  • どんな体制で導入すればいいですか?

    導入に当たって、ClipLine運用の窓口の方を1名様ご指定ください。専任である必要はございません。 社長様、または営業、経営企画、人事等を管掌の役員様へのレポートラインのもとでプロジェクトを進めさせていただくことが多いです。
    導入後の定例会議は、役員様に加え、営業推進や人材教育など営業成績や店舗へ通達を管掌する部門のマネージャークラスの方々と実施させて頂いております。
  • 数店舗からのスモールスタート(あるいは検証導入)は可能ですか?

    お客様の実現したいことや弊社のご支援内容によってご提案させて頂きます。
    まずはお問い合わせください。
    問い合わせ
  • 料金はいくらですか?また、用途に応じて課金体系が変わることはありますか?

    料金はこちらからお問い合わせください。
    料金表ダウンロード

    また、用途別・機能別で課金体系は変わりません。
    動画を活用した業務変革プラットフォームとして、お客様の経営課題・業務課題に応じて様々な用途でのご利用が可能です。導入支援時には、当社コンサルタントが用途設計、コンテンツ設計、運用設計ときめ細かいご支援をさせて頂いております。
  • 客単価向上や顧客満足度向上プロジェクトの一環で教育・マネジメントツールを見直しています。ツール導入だけでなく、プロジェクトの支援もご依頼できますか。

    はい、可能です。当社の運用コンサルタントはツールを活用する上流の目的策定や業績向上につながる因子の特定が得意です。
    詳細をこちらからお問い合わせください。
    問い合わせ
  • 動画制作だけを依頼できますか?

    申し訳ございません。動画制作はあくまでClipLineをご利用いただくお客様へのサービスとなります。

会社概要

会社名 ClipLine株式会社
設立 2013年7月11日
代表取締役 高橋 勇人
従業員数 52人(2019年8月末日現在)
所在地 〒108-0014 東京都港区芝4-13-3 PMO田町東5F
資本金 1億円(2019年8月末日現在)
主要株主 経営陣、インキュベイトファンド、株式会社INCJ(旧:株式会社産業革新機構)、株式会社アニヴェルセルHOLDINGS、キャナルベンチャーズ株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、DBJキャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社 他
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行 他
事業内容 ClipLine(クリップライン)の開発・運営、および経営コンサルティング事業
所属団体 サービス学会(Society for Servicelogy)