2022年7月26日 ライブ配信 / 一橋講堂(東京・神保町)

コロナ収束後の競争力の再構築~今求められるイノベーションと常勝の組織作りの真髄~

セミナー応募はこちら

本イベントはライブ配信と、現地開催をいたします。

抽選制とさせていただいておりますが、目的は競合/類似企業のお断りです。多くの企業様は当選とさせていただきますので、是非同僚・チームの方をお誘いの上ご参加ください。

■本セミナー開催にあたりまして

運営上の対応

ご来場の皆様へのお願い

About
コロナ収束後の
競争力の再構築

コロナ収束後も、社会や経済は明るい未来ばかりではありません。 慢性的な人手不足による労働力不足と商圏減少、世界的に進む労働規制と人件費の高騰、 商品ライフサイクルの短期化に伴う競争の激化・組織の負担増加、足元では物価上昇に伴う 商品値上げなど、改めてコロナ以前から続く社会課題・組織課題に向き合うことが求められています。

こうした状況に対し、経営者やリーダーには高い視座で向き合い、ただコロナ以前の状況に組織や戦略を戻すのではなく、 デジタルを活かした構造的なアプローチと課題解決が求められます。
そのうえで、従来の延長線上ではない価値創出プロセスの仕組化や、価値のコモディティ化や 複雑化を前提にしたスピード感と戦略実行力・徹底力を持った組織づくりが求められているの ではないでしょうか。

今回は、競争戦略の大家である一橋ビジネススクール楠木教授に、コロナ明けに求められる 競争戦略について、「イノベーションの本質」と題した基調講演をいただきます。また、特別講演では、 中日ドラゴンズ監督と中日ドラゴンズGMを歴任された落合博満氏に 「采配2022 ~オレ流 人の育て方、 勝てる組織の作り方~」と題し監督就任から8年間、2年に1回以上はリーグ優勝ないしは日本一となった 「常勝チーム」を作り上げた強攻なリーダーシップと組織作りについて体感いただく場とさせていただきます。

また、今まさに変革を実現ている企業より経営者・リーダーをお招きし、組織変革の実践やプロセスを伺います。
コロナ収束後の未来を先取りし、イノベーションと勝ち続ける組織作りに向けたスペシャルプログラムをご提供します。

基調講演
『イノベーションの本質』

コロナ禍を契機に、世界や日本企業は同時多発的にワークスタイル変革やデジタル変革の取り組みが求められ、 企業活動のあらゆる領域にデジタルを取り入れてきました。

しかし、ビジネスの競争戦略の根源が差別化にある以上、他社と同様の取り組みの延長では、企業の優位性構築はなしえません。
コロナが落ち着き、ワークスタイル変革やデジタル活用が一巡した今、経営者にとって重要なことは、他社と同様に取り組みを いち早く推進すること、そして価値の次元を転換すること、即ち本当の意味でのイノベーションです。

基調講演では、一橋大学教授の楠木建氏をお招きし、優れた会社の経営者の論理とイノベーションの本質についてお話しいただきます。

Keynote Speech
楠木 建 氏
一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 教授

専攻は競争戦略。企業が持続的な競争優位を構築する論理について研究している。大学院での講義科目はStrategy。 一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。
一橋大学商学部専任講師、同大学同学部助教授、同大学イノベーション研究センター助教授、 ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻准教授を経て、 2010年から現職。

主催者講演
『イノベーションと戦略ストーリーを徹底する
ラストワンマイル変革』
~戦略の実行率・収益率向上と変化を乗り越える
組織マネジメントの見直しポイント~

新型コロナウイルス収束後の戦略と采配が問われています。
コロナ収束後に求められる新しい価値創出に向けてイノベーションの取り組みが重要ですが、 他方、商品・業態・サービスが模倣されるスピードが速くなり性能や利便性といった価値は コモディティ化が早く進むようになりました。厳しい競争環境のなかで勝ち抜くためには、 商品・サービスの価値をバラツキなく顧客に正しく提供するラストワンマイルの品質、 あるいはラストワンマイルで提供される顧客体験そのものを1つの付加価値として顧客から 選ばれる強みとすることが求められます。

ラストワンマイルの品質向上のためには、ミドルマネジメントの生産性向上・本部機能の 再定義・顧客満足度向上につながる因子の特定など、組織全体に対する構造的な課題解決・ 変革が求められます。

社会的な人手不足に対する組織対応、物価上昇に伴う商品値上げに対する販売戦略の見直し等 変化対応といった足元の課題も、ラストワンマイルに注目する解決の糸口がみつかります。 今回は、本部から目が届きづらいサービス業や全国に拠点を持つ小売・物流・販売組織など、 ラストワンマイル品質が競争力や収益を大きく左右する業界の事例を参考に、競争戦略をカ タチにするヒントをご紹介します。

Organizer Speech
金海 憲男
ClipLine株式会社 取締役COO

日本航空にて整備部門における予算策定/管理業務、エンジニア職等に従事後、ジェネックスパートナーズに参画。様々な業界において、高橋とともにクライアントの内部に入り込むハンズオン型での支援においても業務改革、マーケティング、新商品開発等で多数の財務成果を創出。営業、クライアント支援全般を統括しクライアントニーズをプロダクト開発に活かす。大阪大学基礎工学部卒業、同大学院基礎工学研究科修了。

事例講演
『DX経営成功事例:デジタルシフトによる組織変革の難所の乗り越え方』

ClipLineをご導入頂き組織変革を進める企業様より導入エピソードを伺います。
ClipLine導入・活用の話題に絞らず、各社がどのような業界の変化・課題を捉え、打ち手を検討し、 成功要因を構築していったのかを紐解きながら、経営者・リーダーが思い描く戦略を実現するためのデジタルの活用や組織の変化対応、 オペレーション変革・標準化・進化を促す術について本質に迫ります。

Session1
『ホットパレット、グローバル1000店舗を
目指すマネジメント変革』

株式会社ホットパレットは、ペッパーフードサービス株式会社より事業継承した「ペッパーランチ」事業を中心に国内195店/海外305店超を展開する外食企業。
効率化を突き詰めたシンプルなオペレーションと、お客様自身が目の前でステーキを焼き上げる興奮と感動体験で、顧客に支持され、FCを中心にコロナ禍でも出店を続けています。
2025年までの中期経営計画として、国内400店、海外600店の合計1000店舗目標を掲げる同社は、ここ数年でメニュー数の絞り込みとキラーアイテムの明確化、タッチパネル型の注文・決済機器など様々な変革を推進しながら、QSC改善・施策展開・本部と加盟店、SV・店長・スタッフ間の指示伝達・コミュニケーション改を目的にClipLineとClipLineサーベイを活用。FC含む国内180店舗のマネジメント力向上を推進しています。
数ありきでなく、品質と収益を実現する「規律ある成長」を推進する松本社長をお招きし、同社の成長戦略に加え、すかいらーくレストランツ・バーガーキング等多くの外食企業での経営経験から、今考えられている今後のフードビジネスのマネジメントの要諦を伺います。

松本 純男 氏
株式会社ホットパレット 代表取締役社長

1959年東京生まれ。
2015年 株式会社すかいらーくレストランツの代表取締役を務める。人事・商品開発・出店・サプライヤーマネジメントなど、経験業務は多岐にわたる。その後、株式会社トマトアンドアソシエイツの代表取締役、ビーケージャパンホールディングスのCOOを経て、2020年 株式会社ホットパレットの代表取締役に就任、現在に至る。

Session2
『オオゼキ、独自ポジションと財務成果を支える
人財戦略・企業文化醸成・人的資本経営』

株式会社オオゼキは東京を中心に関東に41店舗のスーパーマーケットを展開する食品小売企業。
店舗や売り場づくり、スタッフの動き・表情まで、1歩店内に入れば商売を楽しむ雰囲気がお客様に伝わり、他のスーパーとは一線を画すポジションを築いています。財務成果としても、営業利益率5~7%と業界平均を大きく超える業績を維持されています。
こうしたオオゼキ社の独自ポジションを支える特徴は、各店長が独立した経営者として店作りを行い、それぞれの売場担当者が地域のお客様のために品ぞろえや売り方を独自で進化させる個店主義を徹底している点であることは有名です。それを実現するカギは、『オオゼキ流』と呼ばれる企業文化の維持・発展に対する多くの取り組みや人財戦略ではないでしょうか。
今回は、人財部門を管轄される青木室長をお招きし、研修・売り場づくり分野で活用いただいているClipLineの活用にとどまらず、オオゼキ社を支える人財戦略について伺います。
食品スーパーの経営のみならず、強い組織づくり・企業文化の醸成・人的資本経営などのキーワードに注目される方必見の講演です。

青木 慎一 氏
株式会社オオゼキ 総務人事部
人財開発室 室長

1990年にオオゼキ入社。フロア部門での販売経験を積んで、1996年から店長職を遂行する。小型から大型の様々な店舗を経験し、2017年の創業60周年を機に「100年企業を目指す」ため、新設された人財開発室へ部署異動。主に社員教育研修、従業員フォローアップ等幅広く担当。

Session3
『介護業界、成長と業界再編を乗り越える
サービス・マネジメント成功事例』

高齢化を背景に成長する介護業界は、同時に資本力のある異業種の参入・介護職員の人手不足と 獲得競争が激しくなり業界再編も進みつつあります。また、高齢者から見ると、類似サービスが 多く他社との違いが明確に出ないため、業界内の競争は激しさは増すばかりの状況が続いてます。
様々な技術革新が進むも、顧客満足度やリピート率など収益に直結するサービス品質は人の手による サービスが重要で、コストに占める人件費率も依然高く、人財マネジメントの重要性が高いことが 業界の特徴です。
施設長やエリア責任者はもちろん、本部としてミドルマネジメントやスタッフに対する手厚い支援を行い、 OJTの負担軽減・スタッフの定着化と離職率削減・ミドルマネジメントの巡回業務削減など、 業務効率化と従業員エンゲージメントが重要視されております。
また、重点施策やベストプラクティスの展開・ケア業務の遠隔レビューを通したサービス品質の ばらつき改善・施設QSCの向上により、リピート率や施設稼働率向上も大きなテーマとなっております。 今回は、介護業界のトップ企業や多くの医療社会福祉法人の導入実績があるClipLineの活用方法を通して、 サービスマネジメントを介護業界に適用し、収益性・生産性向上の事例をご紹介します。

齋藤 誉 氏
ClipLine株式会社 執行役員
エンタープライズ営業部 部長

ソフトウェア商社・コールセンター/CRM関連ベンチャーを経て、2006年に日本マイクロソフト入社。パートナーディベロップメント、プロダクトマーケティングを経験後、2012年よりビジネスアプリケーション領域のソリューション営業責任者。2015年に株式会社インタラクティブソリューションズに入社後、経営企画・事業開発・営業を統括、2017年に取締役就任。 2018年5月にClipLineに参画し、エンタープライズセールスを統括。 中央大学文学部社会学科卒。

特別講演
『采配2022』
~オレ流 人の育て方、勝てる組織の作り方~

ビジネスとスポーツには共通点が多いです。組織は、小さなピラミッドの集まりで、それぞれがデリケートな存在です。

特に、店舗などサービスの現場や、販売や営業チームでは、チームの成熟度が成果に直結し、企業全体の売上・利益を大きく左右します。
いかに優れた戦略や施策を立てても、ラストワンマイルと呼ばれる顧客接点の品質と現場の再現性を高めなければビジネスとして成功しません。
勝ちにこだわる常勝組織を作ることは多くのビジネスリーダー・経営陣にとって重要なテーマではないでしょうか。

勝てる組織を作るには、人の育て方、意思決定や責任の所在など様々な側面がありますが、今回は、勝ちにこだわる組織作りとトップの在り方について、特別講演を実施します。

元中日ドラゴンズ監督・ゼネラルマネージャーの落合博満氏をお招きし、「オレ流野球」の真実を通して、決断と采配、本物のリーダーについてお話しいただきます。

Reflection Speech
落合 博満 氏
元中日ドラゴンズ
監督・ゼネラルマネージャー

1953年生まれ。秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)出身の元プロ野球選手(内野手)、元プロ野球監督。1979年ドラフト3位でロッテオリオンズ入団。81年打率326で首位打者になり、以後83年まで3年連続首位打者。82年史上最年少28歳で三冠王を獲得、85年には2度目の三冠王とパ・リーグの最優秀選手(MVP)に輝いた。86年には史上初の3度目、2年連続の三冠王を獲得。1998年現役を引退。その後、野球解説者、指導者として活動し、2004年より中日ドラゴンズ監督に就任。2007年にはチームを53年ぶりの日本一に導く。就任から8年間、2年に1回以上はリーグ優勝ないしは日本一、Aクラス入りを逃したこともない。2011年は球団史上初の2年連続リーグ優勝を果たし、「常勝チーム」を作り上げた。2007年には、プロ野球の発展に大きく貢献した人物に贈られる正力松太郎賞を受賞。2011年には競技者として、日本の野球の発展に大きく貢献した功績を永久に讃え、顕彰する「野球殿堂」入りを果たす。著書は、ベストセラー『采配』(ダイヤモンド社)のほか、『コーチング―言葉と信念の魔術』(ダイヤモンド社)、『落合博満の超野球学1、2』『プロフェッショナル』『野球人』(ベースボール・マガジン社)、『勝負の方程式』(小学館)など多数ある。

開催概要
日時 2022年7月26日(火)
タイムテーブル 12:30 受付開始
13:00 基調講演(50分) 一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 教授 楠木 建 氏
13:50 主催者講演(40分) ClipLine株式会社取締役COO 金海 憲男
14:30 休憩
14:45 事例講演①(80分)
    株式会社ホットパレット 代表取締役社長 松本 純男 氏
    株式会社オオゼキ 総務人事部 人財開発室 室長 青木 慎一 氏
16:05 休憩
16:20 事例講演②(40分)
    ClipLine株式会社 執行役員
    エンタープライズ営業部 部長 齋藤 誉
17:00 特別講演(50分) 元中日ドラゴンズ 監督・ゼネラルマネージャー 落合 博満 氏
17:50 イベント終了
会場 ・一橋講堂(東京・神保町)
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目1−2 学術総合センター2F
定員 会場への来場:50〜100名
ライブ配信:1000名
参加費 無料
イベント運営 主催:ClipLine株式会社
注意事項
  • プログラムの内容・講演者等は予告なく変更する場合がございます。
  • 応募多数の場合は、予告なしでフォームを閉鎖させていただく場合がございます。
  • 競合他社/同業者のお申込み等、主催者の判断によりお断りする場合がございます。
  • 不参加の場合、当日お渡しする配布資料等をお送りすることは致しません。
お問い合わせ先 sales@clipline.jp

アクセス

東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線 神保町駅(A8・A9出口)徒歩4分
東京メトロ東西線 竹橋駅(1b出口)徒歩4分